校長挨拶


茨城県立石岡第二高等学校長 辻 武晴


 茨城県立石岡第二高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本校は,1912(明治45)年に石岡実科高等女学校として開校し,本年度で創立108年目を迎える県下有数の歴史と伝統を誇る高校です。

 創立以来,この地域の教育の中核としての役割を果たし,時代と社会の変化と共に幾多の変遷を経て,現在では,普通科と生活デザイン科の2学科を設置する男女共学の高校として確かな歩みを進めてきました。2万3千余名の卒業生は,地域社会はもとより,国の内外において様々な分野で活躍され,社会の発展に大きく貢献をしております。

 普通科では,習熟度に応じた「わかる授業」を展開し,1年生の数学・英語では少人数授業を実施しています。2年生からはコース制を導入し,生徒の多様な進路希望の実現に向けた強力な支援体制を充実させるとともに,きめ細やかで丁寧な指導を行うことで,生徒の豊かな学びを実現しております。

 生活デザイン科では,実験や実習などを多く取り入れ体験的な学習を充実させるとともに,技術検定などの資格取得に力を入れております。男子生徒にも対応したカリキュラムを編成し,2年生からフードデザインコースとヒューマンサービスコースに分かれ,社会のニーズに適応したスペシャリストの育成を目指しております。

 充実した学習施設,スポーツ,文化活動のための施設設備など恵まれた教育環境のなかで,生徒たちは,日々の学習や部活動,学校行事などの特別活動,地域との交流やボランティア活動に全力で取り組み,楽しく笑顔にあふれた高校生活を謳歌しています。

 本校の教育活動の大きな特色として,2015(平成27)年度より開始した『筑翠ルネサンス』事業(「筑翠」とは本校の同窓会である「筑翠同窓会」に因む。「本校の伝統を再生させ,新しい時代に対応した石岡第二高校の教育を創造する」)があります。

 この事業は,「本物」・「一流」のものに触れる様々な体験活動,地域社会との交流や国際交流などを通して,生徒一人一人が自己理解を深め,課題発見能力や解決能力を伸ばし,個性や適性に応じた職業観を育成して進路実現を目指す本校独自のキャリア教育であり,大きな成果をあげています。

 私たちは,生徒一人一人の夢や希望の実現に向けて,確かな学力と豊かな人間性を培う創造性豊かな教育活動を行い,本校で学ぶ生徒たちが,これからのますます変化の激しい社会の中で,主体的に自らの可能性を発揮し,よりよい社会や世界と幸福な人生の創り手となれるよう最善を尽くすとともに,地域から信頼される学校づくりに邁進してまいります。

 さらなる飛躍に向けてチャレンジし続ける石岡第二高校へのご理解,ご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


〈石岡第二高校を志望する中学生の皆さんへ〉
 「『なりたい』のままで終わらせない
            ~未来への一歩が石二(ここ)にある~  筑翠ルネサンス」

 石岡第二高校には,多彩な能力をもった個性あふれる生徒がたくさんいます。石二(ここ)で,素晴らしい仲間と出会い,たくさんの刺激を受け,励まし合い競い合いながら,将来の夢や希望の実現に向けて自分を磨き高めていきましょう。私たち教職員一同,皆さんを全力でサポートしていきます。


 
 
Copyright 2015 茨城県立石岡第二高等学校 All Rights Reserved.